04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

yeastcake

Author:yeastcake
アラフィーです。Aussieの旦那との2人暮らし。毎日のドタバタを楽しくかいていけたらなぁと思っています。
似顔絵は、igossoで作成しました。ちょっと若くできてますが・・・。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード




にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


By: Twitter Buttons

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一週間前

2009.09.13 20:15|日記
 旦那さんの両親の来日まであと1週間を切りました・・・。


 どうも、最近お義母さんは血圧が高いらしいし、大丈夫なのかしら・・・。



 オーストラリアでも新型インフルエンザは流行っているから、日本に来てどうというわけではないけど、でも日本で罹患でもしたらとか。それに、2年前に大きな病気をしたから、旅行用の保険に、病気になった時の保障はつけられないとのこと。



 なんか、不安です。



 とにかく、今日は最後のドライビングレッスンで、伊丹空港まで行ってきました。



 殆ど高速を走るので、意外に近くて、45分程度で空港に到着。なんだ、楽勝!と思ったのです。



 が、ここから駐車場に入るまで30分



 今日は特別なんだろうか・・・?



 普段はどうなのかよくわからないけれど、まだまだ運転に慣れていなくて、フレキシブルな対応ができない私。もし、当日の朝、こんな状況になったらどうしたらいいんだろう。しかもこういう事を見越して、余裕をもって家を出ないといけないとなると・・・。



 と、また新たな不安がムクムクとわいてきました。



 そして、うちの父と旦那さんと相談して、伊丹空港への空港へはやはりリムジンバスを使うことにしました。我家(お義母さんたちは、すぐ近くのホテルに滞在予定)から、三宮まではなんならタクシーを使えばよいし・・・。大柄な両親なので、後ろの席に3人は気の毒だから、私か旦那さんは電車で三宮に向かう必要があるけれど・・・。



 しかし、わが家は駅から歩いて8分。ホテルからなら駅まで5分。三宮でも駅から3分の場所にリムジンの乗り場があり、足が丈夫な人なら何でタクシーを使うの?というようなルート。もちろん各所にエレベータ、エスカレータはあるけれど、お義母さんにあの人混みを上がったり下がったりしてもらうのは、可哀想な気がする。



 日本は公共交通機関が発達して、都会なら車がなくても十分生活できると思っていたけれど、せっかく駅に近い場所に住んでいても、歩けなくなったらあまり意味はないのね。




 そんなこんなで、だんだん気が重くなってきたのは旦那さんも同じ。私が口にしなかった言葉を、お兄さんと電話で話しているときに言っていました。




 ”I wish they didnt come.”




 旦那さんの中でも、もちろん両親に久しぶりにあう嬉しさはあるものの、いろいろ気は重いようです。そういえば、この間も、お義母さんが太っていることを、普段は自分がジョークのネタにしているくせに、日本人に馬鹿にされないか、失礼な視線を浴びないかすごく気にしてました。




 確かに、お義母さんは、日本人からすればかなり太っているけど、テレビで出てくるような化け物みたいな太り方じゃないし、大丈夫だと思うけれど・・・。でも、電車で座っていても旦那さんの横だけ席が埋まらなかったり、最終電車で、黙ってい座っていた旦那さんがなぜか酔っ払いに絡まれたりしたことを思い出しせば、公共の場で、外国人にフレンドリーな国民性ではないということも否定できない。



 ほんと、心配になりだすと、あれもこれも心配になってきて・・・。ブルーです。
 


 そんな、私たちの気持ちをよそに、義妹は、帰りはシンガポールまで迎えにくるとのこと。両親を心配してではなく、彼らのお金で自分が旅行したいだけなんだと、旦那さんは怒っています。




 ま、ほんと、年をとって体が動かなくなるのは自分にも起こるだろうこと。こういうことを重荷に感じないで、できるだけのことをしてあげようというのが、正しい気持ちの持ち方なんでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:国際結婚
ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

意外と”案ずるより産むが易し”となるかも。
あんまり心配してキリキリするより、もっと気持ちを楽に持って♪
私も初めての夫の両親来日の時には、かなり気を使って、しかもうちに泊まってもらったので夜中のほんの少しの音にも飛び起きるほどだったけど。
来る方としてはそんなにぴりぴりするより、ちらかってるくらいの方が案外と居心地のいいもの。

子宮がん、ヒトパピローマウィルスって持ってる男性とメイクラブするだけで感染するのよね。
なりやすいひと??
そんなの関係ないわ。
自分が初めてだとしても、相手が病気を持っていればすべてをもらっちゃうことになるんだもん!
防ぐのはとっても難しいと思う。
早くいい薬ができるといいと思うし、そして何より定期的な検診の重要性を訴えたいわ!!!

妻さんへ

”案ずるより生むが易し”、多分そうだと思います。だいたいオージーは、日本人とは違って、今日はあそこ、明日はどこというような計画的な旅行をしないみたいだしね。
”自分が行くことで若い者に迷惑かける”というような気持ちにさせないためにも、私たちが気楽に構えるのが大切なんですよね。

でも・・・(この先はまたブログで書きます)


子宮ガン検診の大切さを特に若い人に知ってもらいたいなぁと思っています。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。