04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

yeastcake

Author:yeastcake
アラフィーです。Aussieの旦那との2人暮らし。毎日のドタバタを楽しくかいていけたらなぁと思っています。
似顔絵は、igossoで作成しました。ちょっと若くできてますが・・・。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード




にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


By: Twitter Buttons

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮頸がん検査促進キャンペーン

2009.09.12 23:57|子宮ガン
 2年前、子宮ガンと診断されたときに、読みまくったサイトのひとつである、AskDoctors から、子宮ガン検診の促進キャンペーンのメールがやってきたので、私もそのキャンペーンに少しでも貢献できたらと思い、このブログで紹介させていただきます。



【1】子宮頸がんってどんな病気?
【2】子宮頸がんの原因(HPVウィルス)とは?
【3】子宮頸がんの症状チェック!
【4】知っておきたい子宮頸がん検査の基礎知識



 以前もブログに書きましたが、私の場合は、既に子供を作ろうという年ではなかったので、子宮を失うということに大きな問題はなかったのですが、これから子供を作りたいと思っている女性にとっては、たとえ前癌や初期の癌で命に別状は無かったとしても大きな悲劇になりかねません。




 子宮頸がんは、がんの中では珍しく原因が比較的はっきりしているもので、HPVと呼ばれるそれはウィルスです。





 私の旦那さんの国オーストラリアでは、12歳から26歳の女性ならワクチンの接種は無料(公費負担)ということ。日本ではやっと10月にワクチンが承認されるそうです。私は医療の専門家ではないので、ワクチンの是非を云々できませんが、とにかく定期的な検査をうけることが、今のところ一番の予防策だと思います。





 初期子宮癌では自覚症状は殆ど無いと言われていますが、私は癌がみつかる数年前から性交時に出血がありました。旦那さんから、何度も病院にいって診てもらうように言われても、それまで病気と無縁の生活をしてきたため、”そんなん心配しすぎ!大丈夫!”と無視してました。実のところ少し気にはなっていたものの、まさか癌だとは思いもせず、それよりなにより、ただでさえ病院嫌いなのに、”婦人科”というのが、すごくハードルが高かった・・・。





 また、子宮頸がんになるリスク要因として、”早い時期にセックスを経験した”、”多くの男性と関係を持っている”、”多産”、”たばこを吸う”などがあり、私は何一つ当てはまらないのですよ!でも、なりました。




 だから、皆さん、なにか思い当たる節があればもちろん、自分はリスクが低いと思っている方も、是非定期的に婦人科検診を受けてください。娘さんがいて、ボーイフレンドができたのなら、娘さんにも受けるように薦めてください。




 やっぱり、健康が一番!  
スポンサーサイト

テーマ:女性特有疾患
ジャンル:心と身体

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。