07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

yeastcake

Author:yeastcake
アラフィーです。Aussieの旦那との2人暮らし。毎日のドタバタを楽しくかいていけたらなぁと思っています。
似顔絵は、igossoで作成しました。ちょっと若くできてますが・・・。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード




にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


By: Twitter Buttons

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大量の小銭の両替

2009.08.13 16:44|旦那さん
 平日にお休みの時にしかできないこと。


 それは銀行に行くこと。



 今は、ATMは遅くまでやっているし、ネットバンキングもあり、なにより銀行と深いお付き合いが必要になるほどの資産もない我家で、それほど銀行窓口に行く用はない。じゃあ、何をしに行くかというと、溜まった小銭の両替。




 ATMで小銭を扱ってくれるのは、平日だけなんですね・・・。




 なぜ、そんなに小銭があるかといえば、もちろん、うちの旦那さんが原因。この人は、買い物をしたときに、おつりが無いように払うということをしない。




 コンビニにはしょっちゅういくのだけれど、複数のコインや札を組み合わせて支払うということをやらないので、いつもポケットにはじゃらじゃら小銭が溜まっています。




 そして、家に帰ってきたら、ポケットからその小銭をつかみ出して専用の缶に入れ、次に出かけるときに、財布の中が寂しければ、50円玉以上のものをピックアップして持っていく。というわけで、いったん彼の手に渡った10円以下の硬貨は、その後市場に流通しなくなってしまうわけです。




 最初は、これも貯金だと思って見逃していたけれど、結構場所をとるし、重いので、だんだん邪魔になってきて、銀行へいって両替してもらうことにしたのでが、調べてみると、大量の硬貨を大きなお金に両替するには手数料が必要とのこと。




 私の虎の子にちっとも利子をつけてくれないのに、これ以上手数料を払うなんてまっぴらだわ(関西では、これを”けったくそ悪い”と言います)と思って、小銭をATMで自分の口座に入金して、札で引き出すことにしました。




 初めて、これを実行したときは、とにかく溜まったお金(東京ディズニーランドのお土産のお菓子の缶が3つ分)を、リュックに詰めて銀行に行ったのだけれど、一回の入金にコインが100枚までという制限があり、5回くらい入金しても、2000円くらいにしかならなかった。




 しかも、旦那さんのポケットに入っていた、補聴器の電池やハイチューの包み紙、糸くず、オーストラリアのコインなどが混ざっていて、より分けて入れていったつもりでも、最後には糸くずが詰まって、機械がストライキを起こしてしまった・・・。





 助けてくれた係のおじさんは、言葉は丁寧だったけど、なんか咎められてる気がして、その時は、持参した硬貨の半分も入金できずに撤退。またおもたいリュックを背負って帰ったのでした。




 そして、それでも、やっぱり手数料を払いたくない私は、作戦に修正を加えました。




 100均で、小さなシールつきのビニール袋を購入し、硬貨をあらかじめ種別ごとにわけて1袋に100枚ずつ入れたものを準備して銀行に行くことにしたのです。




 準備万端で、2度目のチャレンジ!(って言っても、私が平日に休めるのは、そうそうないので、数か月後の話です)




 この時は、年末で、銀行の入口の外まで人があふれていたので、かなり怯んだのだけれど、せっかくここまで来たらやるしかないと、作戦決行!(多分20分くらいかかって、8000円くらいになりました!)




 そして、本日。3度目。もう手慣れたものです。




 20分以上粘って、1万円超入金! とりあえず1万円引き出して、旦那さんに渡したら、おこずかいをもらった子供みたいに喜んでました。(残りは私のお駄賃にいただいたことまでは話していませんが)





 3度目で手慣れたものとはいえ、ATMが20機以上並ぶ比較的大きい支店で、フォーク並びが定着しているので、特定の人を待たせるわけでもなく、粘っていられるのだけれど、やっぱり後ろにいる係のおじさんの視線は気になるし、機械の受け入れられる硬貨の上限になって機械がまた止まってしまうのではと、実はドキドキなんですよね・・・。




 本当は、今日も、あと5袋くらい1円玉が残っていたのですが、もういいか・・・と諦めました。月末に24時間テレビがあるらしいから、そっちに寄付します。






change

 これが本日の両替分。重さにして6Kgです・・・。
   

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚
ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。