09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

yeastcake

Author:yeastcake
アラフィーです。Aussieの旦那との2人暮らし。毎日のドタバタを楽しくかいていけたらなぁと思っています。
似顔絵は、igossoで作成しました。ちょっと若くできてますが・・・。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード




にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


By: Twitter Buttons

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライビング練習#3

2009.07.05 22:32|日記

 本日、ドライビング練習#3。



 9月に来日予定の旦那さんの両親が喜びそうなところを探そうと思っていたけれど、昨日は京都に出かけたこともありちょっと疲れ気味で、とりあえず近場でランチ+α程度にしました。



 先週無事、ヨーロッパ旅行から帰国した母も今日は一緒です。



 実家から比較的近い、くら蔵というレストランに行きました。私が子供のころは、お醤油屋さんの看板がかかっていましたが、20年ほど前にその蔵をレストランに改造してできたお店で、明石に近く、穴子や鯛、蛸が売り物です。



 旦那さんの両親がこられたときは、和食でOKかどうか聞いてみないと分かりませんが、今日はうちの両親と一緒なので、やっぱり和食でないと・・・ということでの選択です。



 店内から景色は見えませんが、淡路島が目の前で、周辺の景色はピカイチです。昔は、防波堤とテトラポットの海岸でしたが、今では”大蔵海岸”として整備され、とってもきれいになっています。



 ランチの後は、釣りの好きな旦那さんのお義父さんのために、そこから少し東、垂水(たるみ)というところにある平磯海釣り公園をチェックしてみることにしました。



が、海釣り公園は、入ってみるだけで入場料200円/人+駐車場代500円ということで、入り口でUターン。少し横にある、公園の駐車場100円/時間に車を止めて、遊歩道を歩いてみました。



恋人岬



 そして、こんなあざといネーミングのスポットが・・・。

 

 ちょっと恥ずかしい・・・。

 

 
 そこまでで、今日は帰宅、多分10Km程度かな。とりあえず無事ドライビング練習できたのですが、やっぱり運転って好きじゃない。



 なんか、車を運転すると人のとってもいやな面が出てくるような気がする。



 道もよく知らないから間違った車線に入っちゃって、”すみません、ごめんなさい、どうか入れてください”っていう謙虚な気持ちで、必死で車線変更しようとするんだけど、絶対入れてやるもんかっていう感じの人が多い。



 お互い様っていう気持ちが感じられない・・・・。



 っていうか、その人にとったらお互い様じゃないんだろうなぁ。



 私が運転がうまくなったら(そういうことはないと思うが)、やっぱりそんな風に意地悪になるんだろうか・・・。



 なんか、いじめの構造とも似ているような気がする。と思うのは、私の僻みでしょうか・・・。






 ところで、ランチをとったレストランの近くに、JRの朝霧駅があります。駅から海岸に向かう人のために架けられた歩道橋で、2001年夏の花火大会で将棋倒し事故があり、数名の方が亡くなり多くの人が怪我をしました。



 子供のころから育った土地なので、友達の知り合いなどという感じで、数名の亡くなった人やその家族とつながりがありました。また、全然付き合いはなかったのですが、私が当時住んでいたワンルームの公団住宅の同じ階の方が犠牲者の一人でした。



 実は、その前年のお正月、ミレニアムカウントダウンのイベントが同じ場所であり、私と母は、それを見に行ったのですが、翌年事故が起こったまさにその場所で、押しくら饅頭になり、人々の阿鼻叫喚の中で、私は2000年を迎えたのです。



 背の低い母は、足が浮いてしまったということだし、私ももしかしたら、ここで死ぬかもしれないくらいの恐怖はありました。ただ、それより人々がパニックなってはもっと危ないという気持ちで、大声で笑っていました。



 だから、翌年その事故のニュースを聞いたとき、本当に腹が立って仕方がありませんでした。どうして、イベントを企画した誰もが2000年のあの状況にマナ場何買ったんだろうって・・・。

 有名なハインリッヒの法則です。



 ひとつの大事故の影には、29の軽傷事故があり、その影には300のヒヤリ、ハットがあるというあれです。



 2000年の花火大会の状況は異常だった。あきらかに、人の動きの計画ミスであり、また警備会社のアマチュアぶりをさらけだしていた。



 だからあの時事故にならなかったのは、本当に幸運だっただけなのです。どうして誰も何もしなかったの?



そして、私は、一市民として、あのときのことを、兵庫県警に報告するべきだったのでしょうか。せめて神戸新聞に投稿するとか・・・。そしたら、今度の事故は防げたのかもしれないと、今でも思い出すと少し罪悪感を感じてしまうのです。



ほんとうに、人ごみは危ないです。これからまた花火シーズン。あんなことが二度と起こらないように祈るばかりです。



 子供さんがいる方は是非一度、子供目線で、人ごみを見てみてください。



(今日は長くなっちゃいました。拙文を最後まで読んでくださった方ありがとうございました。)

スポンサーサイト

コメント

No title

ご両親の来日まで、あと2ヶ月。
きっと何とかなるわよ!
いらっしゃったら、仕事に出かけることが息抜きになったりしてね(笑)。
楽しんでもらえそうな場所、見つかるといいわね。

あの大惨事となった歩道橋、そんなに身近だったのね。
しかもその前年に、yeastcakeちゃん、似たような経験とは!!!
お母様の足が浮くなんて状況、まさに満員電車みたい。
きっと多くの人が、同じように感じてたはず。
“あの橋は危ない!”
うちは花火大会のとき、歩きやすい靴でフィナーレの前に帰るの。
ここ数年、財政難か開催されていないけど...
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。