05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

yeastcake

Author:yeastcake
アラフィーです。Aussieの旦那との2人暮らし。毎日のドタバタを楽しくかいていけたらなぁと思っています。
似顔絵は、igossoで作成しました。ちょっと若くできてますが・・・。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード




にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


By: Twitter Buttons

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義父母の呼び方

2009.05.31 23:02|国際結婚

 結婚する時は、嫁姑問題などが心配されたけれど、さすがにこれだけの距離があると、特に問題も怒りようが無く、平和にすごしております。



 できれば、もう少し私から、なついていった方が良いのかなと思いますが、”超”がつく電話嫌いの私は、電話機を使うのは月に一度か二度、それも自分の母親に、”今日は家にいる?じゃあ、昼から行くわ”という程度で、英語で電話なんて

 


 昔は、旦那さんがお義母さんと電話で話した後に、私からも何か言えって感じで、受話器を渡されることがありましたが、あまりに私が嫌がるので、最近は、それもしなくなりました。




 実は、旦那さんは、”超”がつくMommy's boy



 毎日お母さんに電話してます(Skypeのおかげで、定額695円で助かってます)。一日数回って事もしょっちゅうあります。 (Skypeなので、記録が全部わかっちゃいます・・・。あまり興味ないので、普通はチェックしませんが)




 もし、旦那さんを良く知る前に、その事実だけ聞いたら拒否反応を起したと思うのですが、まあ、人柄を知ってしまうと、それもひとつの特徴として受容可能だし、”私よりお義母様の方が大切なの” なんて思いもよらないほど、私のことを一番に考えてくれているので、基本的に私にとっては問題ありません。



 ただ、お義母さんは、あまりにもガチガチのクリスチャンで、旦那さんは小さい頃から”罪”の意識を植え付けられて育てられた影響はいまだに尾を引いており、見ていてかわいそうだなぁと思ってしまうところもありますが・・・。




 ところで、それはそうとして、この義父母のことをどう呼ぶか・・・。


 付き合い始めた頃に、一度なんて呼べばいいの?って彼に相談したときは、


 「名前があるんだから名前を呼べばいいでしょ!」

 

とキッパリ言われた。




 でも・・・、70才超えた他人をファーストネームで呼ぶって言うのは、いくら文化の違いといわれても、育ちが悪くても日本人の端くれとして、気持ち悪い・・・。


 だから、結婚前は、おかしいとは分かっていたが、Mr.&Mrs.XXXX という呼び方をしていた。


 結婚後はさすがに、Mr.&Mrsはおかしいし、でもMommyとかDaddyとか言うわけにもいかず、会っても、なるべく名前は呼ばないという方法で逃げることにしているが、どうしても必要な場合は、違和感をこらえてファーストネームを呼ぶようになった。



 義姉(兄嫁)は、義父のことを、”パーップ”,義母のことは、”ナナ"と呼んでいる。



 ナナはnanaらしく、旦那さんも自分のおばあさんのことをそう呼ぶので、”おばあちゃん”ということだろう。ということは、”パーップ”もきっとおじいちゃん”っていう意味だろうが、まるで法王(Pope)と同じように聞こえるのだが、同じスペルなのかしらん。良く分からない。



 子供がいる義姉にすれば、おじいちゃん、おばあちゃんっていう呼び方をしても、日本的にはごく自然で、私もそう呼びたいなあと思うのだけれど、子供がいない私がそういうのも変かなぁ・・・。



 映画なんかを見ても、大体ファーストネームで呼んでいるようで、これはもう慣れるしかないのでしょうね。

 

 

 ところで、このブログを書くときに、Mommy's Boyっていう呼び方で良かったのかと、ネットでチェックしていると、"What is a mommy's boy"というページがあり、読んでいると旦那さんに見つかっちゃった。タイトルだけで、自分のことだって分かったようで、まさにというような三段階で顔が赤くなっていった。人のことはなんだかんだとteaseするくせに、じぶんにやられるととっても弱い旦那さんなのでした・・・。

 

 

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚
ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

No title

コメント遅くなっちゃってごめんなさいi-201

義父母の事をどう呼ぶか。
私はオーストラリアはイギリスの影響が強いと思っていたので、ちょっとビックリ。
イギリスは子供の頃はMummy,Daddyと言うけれど、大人になればMum&Dad。
従って私もMum&Dadと呼んでいたの。
兄嫁、弟嫁も同様。
義父母をファーストネームを呼ぶ事はないわけでもないみたいだけど...
古いイギリス人は奥ゆかしくてね、Mum&Dadはお互いをDearと呼んで、夫婦でも滅多にファーストネームを呼ばなかったv-398
結婚して1年ちょっとで私は母を亡くし、翌年にはDad。
私はMumの事をとても愛していたの。
Mumも私を本当の子供と言って、一緒に住みたがっていたけれど、叶えてあげる事ができなかった...

ご主人、マザコンでもいいじゃない。
ほんとのマザコンなら、母親の側を離れてないわよ。

オーストラリアではMumって言わないのかしらね?

そうですか・・

妻さんもMum&Dadって呼んでいらしたんですか。

ウチの旦那さんはMum&Dadって呼んでますが、私もそう呼んでよいかなぁ・・・。

そういえば、旦那さんがウチの父母を呼ぶ時は、オトーサン、オカーサンと誰が教えたわけでもないのに言っているから、私がMum&Dadと呼んだってなんとも思わないかもしれませんね。

それなら、ぐっと親しみが増す感じですよね。

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。