05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

yeastcake

Author:yeastcake
アラフィーです。Aussieの旦那との2人暮らし。毎日のドタバタを楽しくかいていけたらなぁと思っています。
似顔絵は、igossoで作成しました。ちょっと若くできてますが・・・。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード




にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


By: Twitter Buttons

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ旅行からただいま帰ってきました

2012.10.08 17:39|日記
 今朝、帰ってきました!

 行きの飛行機では、シベリアの果てしなさに圧倒され、機内のオンデマンド映画”ものすごくうるさくてありえなおほど近い”を見て号泣で、始まった今回の旅行、下記のような日程でした。

 約10日間、毎日観光するって、結構疲れますねぇ。
 
 28日(金) 関空 から アムステルダム(スキポール空港) ライデン泊
 29日(土) デルフト(プリンセホフ博物館)、ライデン観光 ライデン泊
 30日(日) デン・ハーグ(ハーグ市立美術館・パノラマメスダフ) アントワープ泊
  1日(月) アントワープ観光(ノートルダム大聖堂) アントワープ泊
  2日(火) アントワープ観光(ルーベンスの家、マイヤー・ファンデン・ベルグ美術館) ユトレヒト泊
  3日(水) クレラーミューラ美術館 ユトレヒト泊
  4日(木) アムステルダム(エルミタージュ美術館)  アムステルダム泊
  5日(金) アムステルダム(国立美術館) アムステルダム泊
  6日(土) アムステルダム(アンネフランクの家) アムステルダム泊
  7日(日) スキポール空港から関空 (8日AM9:00到着) 

 うちの旦那さんはオージー流なので、”ホリデー”はゆっくりするのが目的!みたいなところがあり、

 私は、元祖日本人なので、無駄のないようにいろいろ予定を入れたいタイプ。

 妥協して、1日1美術館、あとは気分次第という感じではいたのですが、

 ガイドブックを見て、時間があるからやっぱりあそこにも行きたいと思ってしまい、

 中盤以降は、旦那のグズグズをなだめながらひっぱりまわした感じかなぁ・・・。

 ところで、アムステルダムでも、ライデンでも運河沿いの木々が色づきはじめ、なかなかいい感じ。

DSCN2679A.jpg

 で、こんなこというと興ざめかもしれないけど、ハウステンボスっぽい!?

 真似して作っているんだから当たり前かな。

 でもね、ハウステンボスでは絶対ないことが・・・。
 傾いてる家

 傾いているよね・・・絶対。

 最初、自分の方がおかしいのかと思っちゃいました。

 お互いにもたれあっているようなところもあり、

 どう考えても、地盤は弱そうで

 地震がないから、こうやって住み続けられるのかな・・・。

 もしくは、中に鉄骨で補強しているとか。


 今回のオランダ旅行の記念の自分たちへのお買いものは、17世紀のオランダのデルフト焼きのタイル。

 IMG_2365.jpg

 
 デルフトに行った日はちょうど、骨董市をやっていて、いっぱい店が出ていたのだけれど、

 どうも露天で買う気がしなくて、とても上品なおばあちゃまのアンティークのお店(こちら)で購入しました。

 旦那さんの国、オーストラリアより古いものです。

 いろいろ、自分の思い出のために、ちょっとづつ写真など上げていきたいなぁとは思うのだけど、

 どれだけできるかなぁ・・・。
 
スポンサーサイト

コメント

No title

お帰りなさい♪
一日一美術館とは、さすがアーティスト。
日程表見たら、義弟を思い出したわ。
彼はかつてユトレヒトに住んでいて、現在はデン・ハーグ在住でデルフトまで通勤してるの。
でもって、もうちょっと見たら...
ええ〜、マウリッツハイス見なかったの?!
真珠の耳飾りの少女は日本に行っちゃってるとしても、もったいな〜い!
それじゃ、隣のビネンホフにも行かなかったのかしら。

ご存知だと思うけど、デルフトブルーは日本の陶器に影響されたもの。
素敵なお買い物ができてよかったわね!
いいアンティークは高いから。
そして、オランダのあっという間に過ぎ去ってしまう紅葉の季節を見られたとは、それはすごいラッキー。
チューリップの球根も買った?
あれも今の時期しか買えないの。
...って、私の情報も今さら遅いわね(笑)。
朝起きるの辛いでしょ?
頑張ってね♪

お帰りなさい!!

うわぁ、やっぱり似非オランダのハウステンボスとは違いますね~。
似てるけど。^^;
空気が違ってると言うか、色合いが違うって言うか・・・。
斜めになってるところもまた素敵♪
寄り添ってるようで、なんか可愛い。♡

うちの相方も予定が目いっぱいの旅行は苦手です。
だから、私一人で散策して回ることも多いです。
一度ツアーで、昼間は全部予定が入ってるのに参加したことがあるけど、修学旅行みたいで疲れました。ずっとブツブツ言われたし。

アンティークのタイル、素敵ですね。
続きが楽しみです。
1日1美術館、贅沢だ~~。

愛されている妻さんへ

デンハーグ在住で、デルフトまで通勤って、素敵ですねぇ。
マウリッツハイスも改修中で閉まってたの。だから日本にフェルメールが来てるんですよ。

マウリッツハイスが閉まっているのは旅行を計画した時からわかってたので、最初はデンハーグは行かないつもりだったのですが、でもそのマウリッツハイスの作品の一部が市立美術館で展示されていることがわかったので行ってきました。フェルメールのデルフトの風景や、レンブラントのテュルプ博士の解剖学講義などの作品は見てきましたよ。
市立美術館は少し離れているので行きは、トラムで行きましたが、帰りは歩いて駅まで帰ってきたので、ビネンホフも行ってきましたよ~。
チューリップの球根いーっぱい売ってました。今の季節だけなんですね。ラッキー!
最後に空港で買ってきました。一つは父へのプレゼントにします。(チョコレートも食べないし、こんなお土産がいちばんいいかなぁって)

デルフトブルーは日本の影響ですか?私は中国かと思ってました。

Kuroさんへ

ただいまです。
やっぱりハウステンボスぽいですよね。なにせ自動車と自転車が多くて、ハウステンボスの方が雰囲気あるかもなんて私は思ってしまいましたが・・・。
あれだけ斜めになっていたら、結構床も斜めになっているに違いないです。アムステルダムのホテルは結構ぼろかったので、スーツケースを立てたら動きましたもん。

私が一人で行きたいところ行くから、旦那さんにはカフェで絵でもかいておいてっていったんだけど、絶対ダメだって・・・。私一人旅もしてたし、大丈夫だっつうのに、超・心配性なんですよ。
日本人的貧乏症ですかね。せっかく行ったらあちこち見たいと思うのは。

No title

>約10日間、毎日観光するって、結構疲れますねぇ。
 ・・・旅先などでの行動はテンションが上がっているから、案となく出来ていて、帰ってからはどたぁ~ん・・・だった若い頃。
今は、もう旅先でさえゆったり寛いでしまいます。

17世紀のオランダのデルフト焼きのタイル、いいですね。
とても上品なおばあちゃまのアンティークのお店・・・ちょっと寄ってみましたが、お高そうな品物がいろいろありますね。

傾いた建物、日本人の感覚では’ナシ’ですよね。
お国柄ですね。

こすすめさんへ

ほんと、若い頃とは違いますねぇ。
でも、私の場合まだ、気持ちの方にまだ、”寛ぐ”という余裕ができてなくて。
ついつい無理してしまい、アムステルダムではかなり息切れしてました。

お店には高そうなものも沢山ありましたが、私が買ったのは70€。(7千円ちょっとです)
見るからにお金のなさそうな二人だし、”高いのは買えないけど、古いものがいいなぁ”と
呟いたのを聞いて、おばあちゃまがニコニコと選んでくれました。
その笑顔もいい思い出になりました。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。