09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

yeastcake

Author:yeastcake
アラフィーです。Aussieの旦那との2人暮らし。毎日のドタバタを楽しくかいていけたらなぁと思っています。
似顔絵は、igossoで作成しました。ちょっと若くできてますが・・・。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード




にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


By: Twitter Buttons

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有棘細胞がん・・・

2012.07.28 07:05|旦那さん
 旦那さんの、あごに癌ができていました。

 あごにできた小さなニキビのようなものを、髭剃りで切ってしまって

 その後が、なかなか消えないと先月ぐらいから気にしていて、

 超心配性の旦那さんは、がんだったらどうしようってグズグズ言っていたんですが、

 私は、そんなわけないじゃないの!って軽くいなしておりました。

 10年以上前に悪性黒色腫(メラノーマ)という皮膚がんを首に発症したので、

 半年ごとに病院でチェックしてもらっていて、ちょうどその検診を

 7月はじめに予約していたので、見てもらったんですね。

 大丈夫だと思うけど、念のために検査しましょうということで、

 組織をとってみてもらったところ、なんとがんでした・・・。

 え~~~~~~

 とはいえ、幸い癌の中でも悪性の強いメラノーマではなく、

 有棘細胞がんといわれるもので、国立がん研究センターの情報によると

 ”0期、I期のうちに治療を受けた場合、5年生存率はほぼ100%、II期の場合でも85%です。”

 ということ。

 旦那さんの場合、表皮という一番上の層から真皮と呼ばれる層の境界に少し浸潤しているⅠ期なので、まずはよかったよかった・・・。

 原因は、紫外線と考えられるそうです。

 英語では、”squamous cell carcinoma”というそうで、それで検索してみると、

 "People who have fair skin, light hair, and blue, green, or gray eyes are at highest risk of developing the disease."(Skin Cancer Foundation
  
 肌の色が白くて、髪の色も薄く、目の色がブルー、グリーン、グレーの人がもっともリスクが高い・・・。

 とありました。

 ばっちり当てはまってます。

 しかも若い頃はサーファーで西オーストラリアの強い紫外線を毎日浴びておりましたからねぇ。

 しかも、お義父さんも、かつて足に同じものができたことがあるって・・・。

 いやぁ、私、旦那さんと自分との肌の違いをもっと認識してないといけなかった。

 紫外線を甘く見ておりました。

 深く反省・・・。
 
 これからは、必ず旦那さんが外出するときには、UVクリームを塗ってもらいます。 

 白人のご主人をお持ちのみなさんも、気にしてあげてね。

 このあと、8月15日に簡単な手術で周囲をもう少し大きく切り取ります。

 お盆の中日なのに、お医者さんはお休みじゃないんですね。 

 ほんとに、びっくりしたなぁ・・・。
スポンサーサイト

コメント

No title

びっくり!!!
ひげ剃りの時に傷つけたのが、不幸中の幸いだったのかしら。
紫外線ってホントに怖いのね。
かつてサーファーだった人たち、知らなかったとは言え、そんなリスクを背負うことになってしまったとは...
うちは夫にパラソルを持たせてるの(あまり使っていないようだけど)。
最近は男性でも持ってる人を見かけるわ。
あまりご主人様がショックを受けないといいわね。
お大事にe-459

No title

え!ええええ~ 皮膚がん、白人のオーストラリアの方が多く オーストラリアは紫外線が強くて、子供の時期から気をつけなければとか、TVで見たことがありました 

まさか

ダンナ様が。。。

でも、 ”悪性の強いメラノーマではなく” 良かった

、心配性のダンナ様だから手術までとても不安な心でしょうから、心やすらかに過ごせ、無事に手術が終わりますように

私も水彩画教室通いたいなあ~ 絵手紙上手に描く人羨ましく思うもん~
時間を上手に使えて無いから。。。スイミングも行きたいのに行けない(涙)

愛されている妻さん

ほんと、ビックリ。
結果を聞いたときは、本人かなりショックを受けていたけど、ナース(男性だけどね)の友人に相談したら、かなり楽観的なコメントをもらったことが大きかったのか、”もうすぐ死ぬから”なんて、くだらない冗談は言ってるけど、落ち着いたみたいです。
これが内臓だったら、手術も大変だけど、皮膚だから入院もいらないし、あらゆる意味でラッキーだったけど、ほんと、私はなんも根拠もなく楽観的すぎたとちょっと反省しました。
日傘さしている男性見かけたことあります!
でも、うちの旦那さんは絶対やってくれないなぁ。日焼け止めクリームでさえ、自分からは塗ってくれないし・・・。

ママさんへ

そう、オーストラリアは紫外線強いみたいだもんね。湿気がない分、直接刺すような感じがするわ。

ママさんも海に行った時、体はスーツで固めていると思うけど、日焼けには気をつけてね。

絵手紙、下手でもなんでも私ももっと書きたいけど、一人より誰かとやる方が楽しいし、教室とかあったら楽しいと思うわぁ。
でも、ママさんは時間の使い方、私に比べたら全然上手。あれだけ海に行って、ゴルフもして、お店も手伝って・・・。私なんて、土日は家でゴロゴロしているだめなお父さんのおばさん版よ~。

No title

こんばんは!

なんだか怖くなりますね。
うちの相方も、日焼けには全く無頓着。
日焼け止めすら塗りません。
注意するように言っとかなくちゃ。

早い段階での発見で、本当に良かったですね。
とはいっても、旦那様、きっとショックだったでしょうけど。
お大事になさってくださいね。

Kuroさんへ

ありがとうございます。
オーストラリアは、紫外線が強いから、皮膚がんおおいんですよねぇ・・・。

うちも、ガンで死ぬ死ぬと言いながら、日焼け止め塗ってくれない。男の人にはなかなか、面倒なのかなぁ・・・。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。