09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

yeastcake

Author:yeastcake
アラフィーです。Aussieの旦那との2人暮らし。毎日のドタバタを楽しくかいていけたらなぁと思っています。
似顔絵は、igossoで作成しました。ちょっと若くできてますが・・・。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード




にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


By: Twitter Buttons

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスの中で

2009.05.02 11:09|日記

 1日はメイデーでお休み。旦那さんとバスに乗っていると、途中から児童館帰りと思われる小学生の集団が乗り込んできた。


 まったく賑やかなお子達で、そのうち私達の座っていた席の前で、2人の4年生ぐらいの女の子が吊り輪にぶら下がって遊び始めるに及び、私もたまには注意しようと決心し、ちょっと怖い顔で


 私: バスの中であそんだらあかんよ! 危ないからね



と、言うと、素直な子達のようで、うなずいて大人しくなりました。が、その後も私が何か言うと思ったのか、私のことをジーっと見つめたままなんです。旦那は、その反応にちょっと驚いて


 旦那: 何ていったの?


 私: 危ないからやめなさいと言ったのよ  

 旦那: えー、ほんとにそんなこと言ったの!?、言いすぎだよ


 私も、今日は、ちょっと怖いおばちゃんバージョンで注意してみようと思って、結構怖い顔でいったのですが、旦那はその様子と、普段の私のお堅い価値観から、もっときついことを言ったと想像したようで、私の頭を持っていた本でコツンとたたき、子供達の気持ちを和らげようとしたんだと思います。しかし、私は私なりに、ここは言うべきと思って注意したので、


 私: 私達は大人なんだから、子供達が危ないことをしていたら注意する必要があるでしょう



 というようなことを早口でまくし立てました。すると、


 子供: 英語や・・・・・

 子供2: 英語でしゃべってるで



というひそひそ声がするのです。そして、女の子がもう一人加わって、3人の6つの瞳でジーッと私達を見つめているんです。本当に


staring at


という言葉がぴったりで、3人の身長の差か、本当にうまいこと3つの顔がきれいにレイアウトされていたので、、できれば携帯取り出して写真を撮りたいくらいでした。 旦那も、子供達のささやきの意味は分からなかったけれど、雰囲気で解ったのか、

 

 旦那: あなたが、日本語と英語と両方を喋るのが珍しいんだね・・・



 私も彼女達の顔をしばらく厳しい顔で見ていたのですが、5秒もするともう我慢できなくて、笑い出してしまいました。

 

 今時英語を喋る人は珍しくもないのだろうし、外人だって珍しくはないのだけれど、この子達にとって、自分の生活圏にそういう人種がやってきたのは初めてだったのかなぁ・・・。

 

 まるで、私達をテレビの画面を見るように眺めていた3つの顔を思い出すたびにおかしくて笑いがこみ上げてきます。別に子供は嫌いじゃないので、結構今までは優しいおばちゃんっぽく子供に接していましたが、ちょっと怖いおばちゃんキャラでいくのも面白いかなぁと思った経験でした。(近所では親の反応が気になるのでなかなかやれませんが・・・)

スポンサーサイト

コメント

No title

ご主人をじーっと見たんじゃなくて、yeastcakeさんを見て英語も日本語も喋るってびっくりしたのね。
それも面白いわ!
子供たちの顔、見てみたかったわ(笑)。
子供の反応は面白くて、夫を見て“なんか、目が青い!”って後ずさった知り合いの子や、夫と義弟といる時に私を“通訳の人だ!”と言った子。
夫の両親と旅行中に電車の席を譲ってくれて、英語の歌を歌ってくれた子供たち。
逆にアメリカで育った男の子が、日本のおばあちゃんを訪ねてきて(近所なの)電車の中で英語喋ってたらおばさんにstaringされたと言ってたし。
けど、知らない子供に注意、できないよ~!
“知らない人だ!!”って言われるもん!!!

愛されている妻さんへ

 ジロジロではなく、ジーっと見られるというのは、ホントおかしかったです。

 2日に、京都に行ったときは、小学生の一段が、通り過ぎるまで、”ハロー!ハロー!”って何度も言われて、ちょっと恥ずかしかったです。このウン十年で、国際化は随分進んだと思ってたけれど、私が大学生だった頃の京都の小学生とあまり変わっていないんだなぁ・・・と妙に関心してしまいました。


 ところで、愛されている妻さんの旦那さんは、電車に乗って、横の席がいつまでも空いたままとかないですか?ウチは、たまーにあるんですよ。これはちょっと傷つくみたいです。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。