09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

yeastcake

Author:yeastcake
アラフィーです。Aussieの旦那との2人暮らし。毎日のドタバタを楽しくかいていけたらなぁと思っています。
似顔絵は、igossoで作成しました。ちょっと若くできてますが・・・。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード




にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


By: Twitter Buttons

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮摘出(1)

2009.04.17 23:09|子宮ガン

 2007年10月末に子宮摘出しました。

 
 先生はもともと子宮筋腫の治療に力を入れておられて、なるべくおなかを切らない手術を実践されていることもあり、私の手術も腹控鏡での手術でいくということで説明を受けました。



 ビキニが着れなくなるなんてことで、支障が出る生活をしていないので開腹がいやというわけでもなかったのですが、やはりなんとなくおなかを切ることには不安があり、腹控鏡手術といわれたときはちょっとホッとしました。


 
 ただ、ネットなどでは、腹控鏡手術は経産婦に限るようなことを書いているところもあり、手術前に受信したときに確認したところ、先生も、え!?子供生んでなかったの?とちょっと驚かれました。




 そっか、だから最初にあんなに気軽に子宮摘出を薦めたのね・・・。


 
 ま、そういうことで傷つくような感性はないので、よいとしても、それじゃあ開腹にしましょうと言われるかとちょっと身構えましたが、まぁ大丈夫でしょうということで、そのまま腹控鏡併用膣式子宮摘出手術でいくことになりました。




 2007年10月30日 手術前日

 昼過ぎに入院し、造影剤を入れてのX線撮影などを受け、多分、その日、看護師さんが、アンダーヘアーを剃りに来てくれましたように思います。後、おへそのお掃除も予定されておりましたが、これは、おへそを見て、その必要なしといってもらえました。

 

 それくらいしか予定がないので、あとは家族も帰って、することもなく、テレビを見たり、本を読んだりしていました。1週間弱の入院予定で、5,6冊本を持ち込んでいましたが、まずは、軽いものでと、友人が貸してくれた、あさのあつこの”MANZAI"から読み始めました。確か3冊組みくらいだったと思いますが、あまりに軽くて、1冊目は読んでしまいました。

 

 

 2007年10月31日 手術当日 朝 から手術室まで


 朝一の予定は、”排便”です。確か6時ごろに起こされたように思います。前夜9時に飲んだ下剤が朝6時に効くほど素直な腸の持ち主ではない私には、 ”浣腸”が待っています。円錐切除の時は、どうしても出なくて、普通の浣腸2つトライしたあと、”高圧浣腸”という、強力兵器まで使っても出なかった経験があり、手術より浣腸が辛いという生々しい思い出がよみがえってきました。



 今、思い出しながら書いていると、ホント、涙が出てきます・・・・。 健康のありがたさは、浣腸をしなくてよいということに尽きる。(いや、尽きはしませんが、そのときはそう思いました)


 そして・・・今回も不調に終わりました。


 看護師さんに、ダメでした と報告したところ、もう少ししてもう一度やってみましょうということになり、先に点滴が始まりました。

 

 あの、つらい5分間をまた経験するのか・・・と思っていましたが、1時間後くらいに、前夜の下剤が効いてきて、普通に出すことができました。看護師さんによると、中指2本分くらい出ればOKだそうで、それなら大丈夫ですといっていただき、ひとつ山を超えました。

 

 後は、昼からの手術を待つだけなのですが、朝から何も食べておらず、飲み物もダメって事で、変な表現ですが、結構手術開始が待ち遠しかったです。

 

 12時頃だったかなあ、手術担当の看護師さんから説明を受け、そして、いよいよ、血栓予防のきつめのハイソックスをはき、膝丈の前で結ぶタイプのパジャマを、後前に来て、手術室まで歩いていきます。

 

 うちの旦那さんは、外人なので、手術室に入る前、じゃあねっていってチュっとほっぺたにキスをしたので、看護師さんたちから、ヒューヒューって言われ、私は恥ずかしいやら、旦那さんはなんでそんなことで、冷やかされるのかちょっと驚いた様子でしたが、私よりナーバスになっているのが良く分かりました。(とはいいながら、手術の終わるのを末間、何度か喫茶室に行って、サンドイッチとか食べてたらしいので、食欲減退するほどはナーバスではなかったのかも・・・)

 

 そんなこんなで、またヒヤっとする同じ手術室に戻ってきました。

スポンサーサイト

コメント

No title

初めまして。
ランキングの新着記事を見ていて、この記事のタイトルを見つけました。
私も取った仲間です。
手術は2006年11月。
筋腫だったのですが、大きくなり過ぎていて(だから手術だったんだけど)、開腹でした。
私は点滴の血管確保がたいへんで、ぐさぐさと9回も刺されました~!!

更年期の症状、5年くらいでなくなるって、入院してた時に入院仲間に言われました。
早くなくなって欲しいですね。

初めてコメントいただきました

コメントありがとうございます。初のコメントでした。
漢方薬をはじめて2ヶ月以上たち、その効果かホットフラッシュはすっかり治まりました。コーヒーを飲まなくなったのが一番効いているような気もします。

愛されている妻さんのブログ見せていただきましたが、お料理がとってもお上手で旦那さんも幸せですねぇ・・・。
私はといえば、今日もダイエーでたけのこを見て、大好物なのに生で買ってもうまく下準備できる自身がなく・・・あきらめました。そのかわり、レンコンのモチモチ焼きというネットで見た新しい料理に挑戦しましたが、旦那さんには、”モチモチ”のよさは分からなかったみたいで残念・・・
また、お料理の記事参考にさせていただきます。ビーフパプリカなんて素敵そう!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。