07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

yeastcake

Author:yeastcake
アラフィーです。Aussieの旦那との2人暮らし。毎日のドタバタを楽しくかいていけたらなぁと思っています。
似顔絵は、igossoで作成しました。ちょっと若くできてますが・・・。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード




にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


By: Twitter Buttons

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の命は医者任せにしてはいけない(その1)

2010.11.15 22:52|子宮ガン
先日、kin&fuuママさんのブログで紹介されていた、ロビンさんという方のブログで、乳がんと診断された妹さんの話について、いろいろ考えてしまうので、少し私も、何か書いてみようと思いました。


 まだ、リンクのロビンさんの記事を読んでおられない方は、少し長いので、疲れたら私のブログは読まなくてもよいので、是非読んでみてください。


 で、読んでいただいたという前提で、 

 この”名医”は、医者という前に人間として間違っていると思うから、ロビンさんの怒りもすごくわかるし、妹さんが、知合の紹介だからなかなか医者を変えにくいと思った気持も痛いほどわかる。(私は誰の紹介でもなく、自分でネットで調べていったけど、やっぱりセカンドオピニオン・・・ということも言い出せなかったくらいのあかんたれですから)


 だから、これから書くことは、決して患者である妹さんにも悪いところがあったとかいうことでは絶対ありません。自分の経験から、感じたことで、もし自分がガンと診断されたらということで、私のブログを読んでくださる方に伝えたいことです。


 自分の命を医者任せにしてはいけない

  
 確かに、素人に検査の結果なんか見せられたってわからないし、治療法が複数あったって、どれが今の自分にあっているかなんて、判断できない。


 だから、私が一生懸命考えたのは、


 この先生を信頼して治療を続けて、もし何かあった時にそれが自分の選択だったと納得できるかどうか 

 ということ。


 つまり、自分の選択に責任がとれるかということです。

 そして、その結論を出すために、旦那さんとも何度も相談をしました。

 もし何かあったら、私より残った家族が辛い思いをするので、家族が納得しているということも大事なんです。

 そして、決心をしたら、両親にも、この先生は信頼できると自分が判断した理由を私なりに一生懸命しました。


  
 ただ、その先生が信用できるかどうかということを判断するのは、単に感じがいいとか、優しくて話しやすいとかそういうことではいけないので、それなりに自分で情報を集める必要がありました。

 子宮がんや乳がんは患者数が多いので、ありがたいことに、今はネットで、大量の情報があります。


 しかも、その先生は、御自身でホームページを立ち上げていらっしゃって、またネットの医療相談もされていたので、そこで先生の考え方などもよくわかりました。


 また、医者と話をするときには、聞きたいことを整理して紙に書いていくというような情報も、ちょっとしたことですが、すごく大事なことだと思いました。


 ということで、なーんだその程度の事かと思われるかもしれませんが、これが私の経験知です。


 あと、ネットでいろいろ調べられる時代ということもあって、すごく思うのは、病理検査などの結果は、患者にとってさっぱりわからなくてもいいからとりあえず、コピーして渡すシステムにしてほしい。


 診断はについて必要ならお金を出して診断書を書いてもらうからいいけれど、病理検査の結果なんて、コピーしたら終わりじゃないですか。大学病院だって患者からお金をとって検査してるわけで、患者は結果を病院のデータベースに入れるために、治験に協力してるわけじゃないんだから、やっぱり患者のものでもあるはず。


 今のシステムで、医者に、自分から”検査結果をください”っていうのは、”先生信用してませんから”っていう意思表示みたいで、やっぱり言いにくい。だから、渡さないといけないシステムにしてください!!(そのためにコピー代が、50円検査代に上乗せされてもいいですから)


 できたら、私が読んだ本や記事などで参考になるかなと思うこともあり、またその2で書きたいと思います。(いつかけるかはわかりませんが・・・)


 
スポンサーサイト

コメント

私も読んだけど、ちょっと考えちゃったわ。
やはり母も“そんなに簡単に癌にはならないよ”って、(友達の旦那さん)医者は検査もしてくれなかったの。
医者に大きな責任はある!
だけど、おかしいと思っていたのに、ほかの病院に行かなかった母にも少しは責任があると思う。

私が手術をした時は、病院のほうから“セカンドオピニオン”の話が出て、今は時代が変わってきたと思いたいな。

うちの母は、しこりを発見して大学病院に行ったら、
「良性なので大丈夫」
と言われたので、安心して放置していました。
そして、翌年
「乳ガンがだいぶ進行している。痛くなかったの?」
と言われて大慌て。

最初に視てもらった後に悪性になった可能性もありますが、
僕は誤診だったと思っています。

あ、まだ元気に生きています。

愛されている妻さんへ

よかった。
妻さんも、大切な方をガンで亡くされているから、きっとわかってくださったのですね。
そう、あの医者は本当に酷いと思います。
また、家族が心配しても、本人が大丈夫だって精密検査を受けたがらなければ、大人の首に縄をつけて病院生かせるわけにいかないしね。

そして、そういう医者がいるということを知っておくという事が大切なんだと思います。

今は、確かにセカンドオピニオンを受けますかと聞いてくれる事が多いみたいですよね。
患者の気持ちを考える医師ならば、患者さんが納得して治療を受けてくれる事が大切と思うだろうし、それに自分の診断に自信があるからそういう風に言えるんだと思います。

また、思う事を続きに書こうとおもいます。(なかなかできないけど)

こばじさんへ

コバジさんのお母さんは、今はお元気ということで、よかったですねぇ。
でも、進行した乳がんだったら、抗がん剤治療か放射線治療を受けられただろうから、大変でしたね。

コバジさんのお母さんの1年目の診断、誤診だったとしても、元気になられた今となっては、訴えるぞとは思わないけど、でも、だからこそ1年目の検査の結果って知りたくないですか?

私の旦那さんのいとこも、毎年乳がん検査を受けていたのに、3年ほど前に、突然進行しているがんが発見されました。肺に転移していますが、子供を置いて死ねないと、今もすごく前向きに闘っています。

私は、1度乳がん検査を受けましたが、かなり痛かったのと、自分は乳がんにはならない(乳腺が発達していないから・・・)という根拠のない確信とともに、その後の検査を怠っています・・・。だから、今度受けた時進行がんだったら、完全に自分の責任だわ・・・。

今のDrってちょっと他でも診て貰いたいって言った、凄い怪訝な顔するのよね。。。

私の幼馴染も乳ガンになって 彼女は大学の時、乳がんの研究してるDrの論文のお手伝いの助手をしてて、自分でオカシイって思った時、病院行ったら、「違う」って診断受けたけど、どうしても納得行かず3軒目で解り その後10件位病院へ行ったと思う、やっぱり温存か 切除か でも、Drの縦の社会がけっこう厳しくて「白い巨塔」の世界! 最初に誤診したDr、胸の切断と診断したDr、関係がある人は同じ診断しかしないし、診てくれない医師も居たそうです、やっぱり、女性ですから、切断は避けて通りたい道で、ましてリンパも切り取るから、後々の身体の負担も大きいらしいです
切らなくて良いってDrやっと見つけて、そのDr年配なんだけど、昔、彼女を乳ガンで亡くして、大学病院に居てたけど、縦の社会がイヤで米国に渡って、乳がんを専門でやって来られ、お年になったから、日本で開業してて、入院設備は無くてホテルに泊まって、手術を受けたけど、今で4年、まだ、名古屋から東京へ何ヶ月に一回か通ってると思うけど、再発はしてないです

Dr、選びって本当に。。。大切です。。。私。。。そんな10件も病院回る、エネルギーがあるんだろうか。。。

長くなってしまった。。。

kin&fuuままさんへ

そう、エネルギーが必要だと思うわ。

10人もの医者にかかるというのは、患者にとって精神的にそして経済的に負担であるのは言うまでもないけど、医療費の増大という意味では、健康保険制度からみても決してよいことではないし。

そうか、セカンドオピニオンといっても、結局同業者の診断と違う事をいうというのは、医者にとってもリスクなんやね。患者より、そっちが大事というのはたまらんけど・・・サラリーマンとしてはわかる気もする。(小心者です)

だから、やっぱり制度がいけない!

そう、志のある医者がその社会をいやがって、海外に行ってしまうというのもよく聞く話で、日本の医療制度として大きな問題。

この間亡くなった逸見晴恵さんは、子宮ガンを以前克服されましたが、子宮を残すためにすごくいろいろがんばっておられてすごいと思ったけど、私には子供産む年ではないのに、そこまでこだわる理由というのがどうしてもわからなかった。だから、もし同じ程度のガンで同じ先生についても、満足度が違うよね。

とくに、乳がんは、転移しやすいでしょう。切っても絶対はないところで、残すという判断をするにはよほどの勇気がいると思う。だから、残して転移しても訴えられないだけの、両者の間の深い信頼関係が必要だと思うのね。


でも、そのお友達は、乳がんの研究をしているDrのお手伝いをしていたから、そこまで自分の症状に確信がもてたのかな。すごいね。だとすれば、誤診をした医師はあまりにも勉強不足だよね・・・。そういう人が、去年はなにもなかったのに、今年いきなり進行がんという患者を生んじゃうのかなぁ。

いろいろ問題ありすぎだよねぇ・・・。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。