09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

yeastcake

Author:yeastcake
アラフィーです。Aussieの旦那との2人暮らし。毎日のドタバタを楽しくかいていけたらなぁと思っています。
似顔絵は、igossoで作成しました。ちょっと若くできてますが・・・。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード




にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


By: Twitter Buttons

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出の整理

2010.10.10 21:16|日記
 実家の母が、最近、膝が痛みだし寝起きや、布団の上げ下げが苦痛になり、ベッドを買う決心をしたそうで、


 本棚を一つ捨てるから、要らないものは捨ててほしいと、電話がありました。

 
 自分の思い入れのある本はすでに自分のところに来ているし、それさえも少し捨てろと旦那さんから言われているくらいで、持ち帰るわけにもいかず、殆どの本はもう捨てるしかない。


 とはいえ、小さい時に読んでいた本は、思い入れが強すぎてね・・・。


 ”ちびくろさんぼ”とか”ちいさなおうち”などはもちろん、”おそばのくきはなぜあかい”のようなマイナーな昔話でさえ、大げさな言い方だけど、自分の人格に刷り込まれているような気がして、とてもとても捨てる気にはなりませんでした。


 イソップ物語なんて捨てたって、読みたけりゃ本はすぐに手に入るんだろうけど、自分が読んだ本の装丁や挿絵と物語がセットになって記憶に刷り込まれているので、その本じゃないとダメなんだなぁ・・・。


 ということで、本棚2段分はそのままお取り置きです。


 それから、本棚に入っているのは本だけじゃないんですよ。


色紙


 これは誰でしょうか。 


 25年前・・・私は一体誰にサインをもらったのでしょうか。


 全く思い出せません。


 わかる方いらっしゃいましたら教えてください。


 それから、小学校低学年のころの思い出の品

note.jpg


 右側のオシャレな水森亜土のノートの中は、万博に行った時の各パビリオンのスタンプが押されております。私がはじめて世界と出会った”EXPO70”です。


 そして左側のストロベリー柄の方は、私が2年生の2学期の終わりに転校するときに、同級生に書いてもらったお別れノート。


 自由記述ではなくて、書いてほしい項目というのが決まっていて、定規でちゃんとフォーマットしてあるんだけど、その中に”好きな人”というのがあって、まあ、なんてストレートな質問かと我ながらびっくり。


 私の好きだった男の子は、その欄を几帳面に3つに分けて3人の女の子の名前を書いたうえで、余ったところに私の名前を書いていました。


 きっと、3人書いてから、はっと、私に悪いと気がついたんだろうね。


 初めての失恋体験でした・・・。


 そんな思い出に浸りながらやっていたら、あっという間に夕方になってしまいました。


 母はどんどん捨てるのは、なんか死ぬ準備してるみたいだとか言ってましたが、まあ10年でも20年でもかけて準備してちょうだい。
 
 
スポンサーサイト

コメント

うちは転勤族だったので、引っ越すたびに思い出の品が捨てられていき、もう何も残っていません。(泣)

サイン、たぶん男でしょうね。
「吉川晃司」でどうでしょうか?

ベッドにして、ずいぶん楽になったんじゃない?

うちは移動図書館が来ていたせいか、母が死の用意をしたのもあってか,ほとんど何も残ってなくって。
ただ、古い楽譜も捨てられてたのは痛かった。
古い本が自分の人格の一部に感じるほどなんて、なんかちょっと羨ましい...

お母様、ゆっくりゆっくり整理をして下さいね。

こばじさんへ

コメントありがとうございます。

そうですよね、転勤族なら、こんなものとっくに捨てられてるんだろうなあと母と話しながら整理してました。

吉川晃司並みのスターならもっと大事にしたような気もするなぁ。

愛されている妻さんへ

私は思い出の楽譜は無いんだけど、母はずっとコーラスをやっていたので随分楽譜があったのを思い切って捨てたといってました。

大した人格じゃないんだけどね。”ちびくろさんぼ”で、トラがるるるるる・・・・って木の周りをグルグルまわってバターになっちゃうとか、まだまだスカスカだった脳が、そんな突拍子もないお話がどんどん吸収していってたのかなぁ・・。


母は、最近はちょっと血圧が高かったり、膝も痛いし、耳も遠くなり多分、自分の健康に自信がなくなってきたみたいです。そうは言っても、しょっちゅう出歩き、友人も多いので、父よりは長生きしてもらわないと、昭和ひとけたの父が一人で残されると、ガクッときそうでね・・・。

ご無沙汰してました。
私も卒業の時にこういうノート書いてもらったような……
どこに行ったかは覚えていません。
私の実家は道路が通るので、来年立ち退きです。
私もyeastcakeさんと同じく、
自分のものを整理しに来いとお呼びがかかりそうだな~。

玉ねぎアレルギーさんへ

お久しぶりです。
こういうノート、流行ってた時期がありましたよね。
なんで、今までとっておいたのかなぁ・・・。やっぱり初めての失恋の思い出のためかも。

昔のものを整理する時期って言うのは、実は人生のというか家族のなにかの節目だったりするのかなぁ・・・なんて思ったりしました。

懐かしい~~イチゴ模様ってなんか~流行ってましたよね~~水森亜土の漫画のノート有った!有った!懐かしい~~

私のは全く残って無いわ~~(笑)

私もそういう懐かしい物大好きです♪
他の人にとっては何の価値のないものでも、自分にとっては絶対に捨てられない宝物ってありますよね^^(ハート)

kin&fuuままさんへ

そうそう、イチゴはやったよね。単なるイチゴなのにね。
しかも私のノートは青いし・・・。

40年前のものと思ったらちょっと、すごいでしょう。

ミッチーさんへ

これも、ひとつの昭和レトロですよね。
ほんと、捨てても困らないんだけど、捨てられなくて・・・・。
でも、捨てられるのに捨てられないものが日常的には、うちの中に散乱してますけどね
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。