09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

yeastcake

Author:yeastcake
アラフィーです。Aussieの旦那との2人暮らし。毎日のドタバタを楽しくかいていけたらなぁと思っています。
似顔絵は、igossoで作成しました。ちょっと若くできてますが・・・。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード




にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


By: Twitter Buttons

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ旅行記⑦ クレラーミューラ美術館&ユトレヒト

2012.10.22 19:01|旅行
10月3日のメインイベントは、クレラーミューラ美術館です。

電車に乗るので、穴倉レストランから駅までブラブラ歩いていて

またまたおかしなものを見つけました。

IMG_2228-001.jpg

おしゃれな服屋さんみたいでしたけど、

Superdry っていうのは店の名前なのかなぁ?

その上のurl(http://www.imagewear.nl/)を見ると、

image っていうショップ(ブランド?)みたいでしょ。

それでなんで、日本語?

しかも、しなさいって、なんやそのエラそうな態度?

ほんで、なんで()で囲んでるん????

ほんなら、ビールのSuperDryは日本語にすれば「極度乾燥(しなさい)」か?

などと、旦那さんにはこの可笑しさが分からないので、

一人ボケ・突っ込みをしておりました。


それはともかく、駅へ向かいます。

駅には、必ず目立つ場所にインフォメーション『!』マークのブースがあり、

そこで、どのプラットフォームに行けばいいかまず聞きます。
 
(あ、でもアントワープにはなかったからオランダの鉄道だけかも)

クロラーミューラー美術館に行くには、Ede/Wageningen という駅で降りないと

いけないのですが、長いから覚えられないし、

そもそも正しい読み方わからへんし・・・。

とりあえず、「Which train should we get to go to え~で~ う・・・」と語尾を濁しておけば、

あぁ、Ede/Wageningenねと分かってくれて、プラットフォームを教えてくれました。

そして、20分くらいで、このえ~で~に到着。

バス停が、どっちかわからないので、

とりあえず沢山の人が歩いていく方向についていってみたのですが、

全然、わからず自転車置き場のおじさんに聞いてみたら、

また逆でした。(=_=)

私って、1/2の確率だと、4/5くらいの確率で外しているみたい。

とりあえず、なんとかバスを見つけて、運転手さんからチケット購入。

途中で、一回バスを乗り換えないといけないのですが、チケット購入時に

美術館に行くと言っていたので降りるときには、
 
運転手さんが目くばせして教えてくれます。

乗り換えたバスでも、運転手さんが、丁寧に説明してくれました。

美術館は、デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園の中にあるんですが、

公園の入り口で、一度降りて入場券を買って、そこから自転車で美術館に行ってもいいし、

バスで行くなら待っていてあげますとのこと。

ちょっと雨模様だったけど、やはりオランダにきたんだし、

一度は自転車に乗っとこうかと自転車で行くことにしました。

この前の記事で、オランダは人が作った土地だから遊ばせたりしないのだ

なんて書きましたが、ここは自然公園で、手つかずみたいです。

海抜も0m以上ありそうでした。

IMG_2230.jpg

公園の入り口に自転車はいっぱい置いてあり、自由に借りることができます。

でも、この自転車はハンドブレーキじゃなくて、ペダルを反対に回すと止まる方式。

最初は、ちょっと戸惑いました。

自転車で10~15分で美術館に到着です。

IMG_2231.jpg

この美術館は、アムステルダムのゴッホ美術館に次ぐ、ゴッホのコレクションで有名。

また、ガーデン美術館の先駆けだそうで、庭には沢山の彫刻があるそうなのですが、

雨足が強まったので、中から鑑賞。

IMG_2266.jpg

モダンアートのコーナもかなり広いのですが、

やはり、ゴッホのコーナーには人だかりが・・・。

IMG_2235.jpg


utr.jpg

ゴッホは日本でも人気が高いので、有名な作品は殆ど一度は日本に来ている

といっても過言ではないかもしれないけど、

やはり日本での展覧会では、人が多すぎてじっくり見られない。

ここでは、人が多いと言っても波があるから、しばらく待っていれば、

すっと人が少なくなるタイミングがあります。

ここまで近づいてみることができると

IMG_2245-001.jpg

一筆一筆、画家の息遣いが感じられ、ゴッホが近くにいるような気がしました。

でも、この美術館、油絵以外のゴッホの水彩とか、デッサンの所蔵作品も多いはずなんだけど、

係りの人にも確認してみましたが1枚しか展示しておりませんでした。

ここには、ゴッホの名前で、多くの人が集まってきていることは間違いないんだし、

それにゴッホ美術館が閉館中なんだから、その辺、もう少し配慮があってもねぇ、

と思ったりしました。


さて、公園内をサイクリングするのも気持ちいいとガイドブックにありましたが、

雨模様っていうのもあり、美術館以外はどこにも寄らずにえ~で~駅まで戻りました。

ユトレヒトまで戻ったのが3時頃で、旦那さんの希望で、商業ギャラリーなどを

覗いたりしても、まだ4時。

まだ、どこか行けるかなと思ったのですが、

旦那さんは、『もう十分、帰って休みたい』オーラをギラギラだしてる。

でも、でもですよ、4時でホテルに戻るなんて、もったいな過ぎ。

(レストランでディナーというイベントがあればそれもありでしょうが)

なんとか頼み込んで、オルゴール博物館っていうのに行ってみました。

それほどオルゴールに興味あるわけじゃなく、

神戸にあるオルゴールミュージアムには一回も行ったことないくせに、

こうなったら意地ですね。

美術館カードを買ってましたから、美術館ならほぼどこでもタダだしね。


IMG_2268.jpg

オルゴールなんだから、音を聞かないと面白くないし、

5分後にはじまるツアーに参加するというと、

旦那さん、ほんとにイヤーな顔。

その顔に私もちょっとムカッときてプチ喧嘩。

それでも、約1時間のツアーそれなりに楽しんで、

もうこれ以上はどこにもいけません。


ホテルに戻って、晩御飯にします。

前日、食品スーパーで、ムール貝を売っているのを見て、

せっかくキッチンがあるので料理してみようかと

iPhoneで、料理の仕方を調べておりました。

必要な調味料は塩・コショウと白ワイン。

塩コショウは、置いてあったから白ワインのハーフボトルと、

ムール貝(1Kg 5€の激安)、専用のカット野菜セットで、

バッチリです。

IMG_2276.jpg

旦那さんは貝好き、マッスル(ムール貝)好きなので、喜んで食べてくれましたが、

さすがに、二人で1Kgは食べきれず、

翌日チェックアウトのため、残りは、泣く泣く捨てました。

日本だったら、これでいくらするんでしょうかねぇ。

1Kgもあったら、パエリアとか、パスタとか、

オリーブオイルで焼くだけでもおいしそうだし、

何度かに分けていろいろできただろうにと

(自分の料理の実力も顧みずに)残念がってしまいました。

そういう訳で、この穴倉ホテルの2日目の夜も更けてゆき、

いよいよ、翌日からは最後のアムステルダムです。

(今日も長くなりましたが、読んでいただきありがとうございました。)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。