09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

yeastcake

Author:yeastcake
アラフィーです。Aussieの旦那との2人暮らし。毎日のドタバタを楽しくかいていけたらなぁと思っています。
似顔絵は、igossoで作成しました。ちょっと若くできてますが・・・。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード




にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


By: Twitter Buttons

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ旅行記⑨ 最終回

2012.10.31 23:33|旅行
さて、Cafeで1時間くらい雨宿りしてると、天気もよくなってきたので行動再会。

美術館の周囲は、アンティークや商業ギャラリーが多く、

時々冷やかしながら歩いていくと、

いつのまにか、ガイドブックに『シンゲルの花市』として紹介されていた、

花屋さんの通りに出ました。

IMG_2307.jpg

どの店でも、チューリップの球根が沢山売られていましたが、

ここで売られているのは検疫済みかどうかよくわからないので、

球根は空港で買うことにして、ここも冷やかしだけです。

チーズ屋さんもあったので入ってみました。

IMG_2305.jpg


試食ができるので、あれこれ試食します。

チーズ以外にもマスタードの瓶詰が売られていて、

一緒に試食できるようになっているのですが、

この組み合わせ、意外に美味しかったです。

ただ、いろんなチーズの味の違いは殆どわからず・・・。

それに、こんな大きなチーズ貰って喜んでくれる人って

私の周囲にはいない…。

自宅にも欲しいけど・・・とつらつら考えながら、

結局、何も買わずに出てきました。

その後、ホテルに戻り、ミュージアムショップで買いこんだお土産のチョコなどを置いて

レンブラントハウスに向かいます。

ここもホテルから15分くらいのはずだったんだけど、迷いに迷って到着。

IMG_2317.jpg


レンブラントは、この家に住み、”夜警”の制作をした頃がピークで、

その後は、資産家の娘だった奥さんを失くしたあとも、浪費癖は変わらず、

破産するなど、後半生は暗かったようです。

外交官でもあったルーベンスに比べれば、

どうしようもなく、アーティストだった人みたいで、人間的には興味が持てます。

が、絵に関して言えば、素人の私には、有名なもの以外は、

一目見て、あ、これはレンブラントだなって

分かるポイントがなかなか掴めない。

その点、ゴッホは、もう誰が見てもゴッホっていうところが、

人気のポイントなのかもしれませんね。

巧さでは絶対レンブラントなんだろうけど・・・。


巧いといえばこの絵。

IMG_2289.jpg

国立美術館で、それぞれ自分勝手に絵を見ていたら、

旦那さんから、ちょっと見てみてと呼びつけられた一枚。


IMG_2288.jpg

このおばあさんの絵、全体の雰囲気もなんか迫力あるし、

それにこの手、(40年前に)死んだおばあちゃんを思い出しました。

やっぱり、すごいわ。


さて、そのレンブラントの家を出て、

今日も、ホテルに帰って休みたがる旦那を

なだめすかして、アムステルダム駅の方に向かいます。

カナルクルーズ船に乗ってみようかなぁと思ったんだけど、

駅についてみて、周辺の人の多さに、一気に疲れが出て、ギブアップ。

ほんとね、もう人・人・人でした。

アムステルダムは、旅行前半で元気のある時に持ってくるべきでした。

そういうわけで、この日はとりあえず、ちょっと早めに予定終了。

帰りにスーパーで、パンとサラダを購入して、ホテルに帰りました。

やめとけばいいのに、寿司好きの旦那さんは、巻きずし3切れパックを見つけて購入。

今まで食べた中で最低の味だったようです。

この日からは、帰国まで日もなくなってきて、夜、洗濯もしなくてもよくなり、

テレビで、オランダ版サスケ(マンガじゃないほう)を見たりしながら早めにやすみました。


そして、早く寝れば、早く目が覚めるのが理。

翌朝は、旦那さんも私も6時前に目が覚めてしまい、

まだ暗かったんだけど、7時頃、朝食を食べて散歩でもと、

外にに出てみましたが、この日は土曜日。

ホテルのあるレンブラント広場周辺は、夜の遅いエリアみたいで、

徹夜明けで、今から家に帰ろうかという若者が数名叫んでいたり、

道は本当に信じられないくらいゴミだらけ。

ちょっと怖いくらいでした。(写真撮るのもちょっと怖くて撮ってない)

店もどこも開いていません。

清掃車だけが暗い中、黙々と仕事しておりました。

コンビニっぽい店も、8時にならないと開かないみたいで、

あえなく退散してホテルに逆戻りしまいた。


8時半を過ぎて、出直し、この日も1.5€の朝食をHEMAで取り、

ちょっと遠そうだったけど、歩いて、「アンネフランクの家」へ行きました。

着いたときにもすでに、10m弱の行列ができていましたが、

出てきたときは、この状態。

DSCN2623.jpg

なんせ隠れ家だから、一度に沢山の人が入れない。

特に若い人が多かったです。

いつも長蛇の列だそうなので、朝イチが狙い目かもです。
 
でも日本人は少なかったなぁ。

この旅行の少し前に、ウン十年ぶりに『アンネの日記』を再読していたので、

いろんな場面がまだ記憶に残っていて、感慨深かったです。

ところで、ここに行く前にホテルでiPhoneで

アンネフランクの家についてググっていたのですよ。

そしたら、アンネの日記は作り物だっていう説があるんですね。
 
Wikipediaにも載っていますので、それなりに知られているんでしょうが、

私は、初めて知りました。

それに、ホロコーストは無かったという説もあるんだ。

読んでたら、櫻井よしこ女史なんかの、

南京大虐殺はなかったっていう主張と似ているような。

説得力抜群なところもね・・・。

確かに、無かった方がお互いにとってよかったのは間違いないですが。
 


この後、時間はたっぷりあったんだけど、これといって予定もなく、

ブラブラ歩いて、ちょっと海洋博物館にも入ってみたりしながら、

なんか、最後の日にしては充実してない時間を過ごしました。

夜も、チャイニーズをテイクアウトして、ホテルで食事。

そして荷物を詰めながら、旅行が終わってしまうのが

寂しいけれど、なんか家に帰ることができるというホッとした気持ちも・・。

旦那さんは、沢山の素晴らしい絵画を見た後は、

自分自身が絵を描く番だって張り切っておりました。


翌日は、14時30分の飛行機なので、午前中はゆっくりできたんだけど、

もう、何をする気にもならないので、チェックアウトの手続きだけして、

荷物をホテルに預けて、近くを散歩しました。

DSCN2679-001.jpg

アムステルダムは、どこも人が多くて、あまり好きになれなかったんだけど、

この最後の朝の運河沿いの散歩はほんとによかった。

毎日テクテクよく歩きました。

そして、ブログに書きはじめたらすごくダラダラになってしまいました。

一人旅や、友達との旅と違って、夫婦として初めての海外旅行。

いろいろ反省することもありました。

私にとってはヨーロッパの古い街並みがただただ珍しくて楽しかったんだけど

旦那さんにとっては、それよりオランダらしいひたすらフラットな風景が

心に残ったみたい。

そんなことなら、レンタカーでも借りて、郊外にドライブしたらよかったかなぁとか。

(でも、ナビゲーターが私だし、オランダ語は分からないしやっぱり無理かな)



まだ旅も終わらないうちから、次はイギリスに行きたいという旦那さん。

自分のルーツだもんね。

私は、特にイギリスって言われても
 
今のとこ、ピンとくるところはないけど、

どうなるでしょうか。

まずは、頑張ってお金貯めないとね。


と、言いながら、実は旦那さんの仕事で、来週急に韓国に行くことになって、

そのうえ、昨日から冷蔵庫が冷えなくなりました。

修理できなかったら、10万は出費覚悟ですよねぇ。

今回のボーナスでは旦那さんの補聴器を新調しようと思ってたんだけど・・・。 

旅行なんてまだまだ先だなぁ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。