03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

yeastcake

Author:yeastcake
アラフィーです。Aussieの旦那との2人暮らし。毎日のドタバタを楽しくかいていけたらなぁと思っています。
似顔絵は、igossoで作成しました。ちょっと若くできてますが・・・。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード




にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(オージー・NZ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


By: Twitter Buttons

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエット日記 -- 褒められベタ

2010.04.30 22:52|日記
 とうとうGWに突入してしまいました。

 とりあえず、体重増やさないように、規則正しい生活をして、間食も極力しないように努力してます・・・。


 休みに入る前、取引先の営業の人が、久しぶりにごあいさつをと訪ねて来られたので会ってお話をしました。その会社とはそんなに取引もなかったので、よく覚えていなかったのですが、その営業さんはしばらく神戸を離れておられて、また戻ってきてお会いしたのは7年ぶりだったらしい。翌日、”面談いただきありがとうございました”っていうメールをご丁寧に送ってこられたのですね。



 で、そのメールに


 ”Yeastcakeさんは、7年前と印象が全然変わってませんでした”


 って書いてあったんですけど、それを読んだ瞬間、殆ど無意識にバスっとメールを削除しちゃった私・・・。


 老眼鏡かけないともらったパンフレットも読めなくなってるのに、そんなわけないじゃん。嘘つけ!って心で叫んでたんですけど、でも、その次の瞬間には、自分で自分のリアクションが可笑しくて笑ってしまいました。


 要するに私、”褒められベタ”なんです。


 別に、きれいだとか好きですとか言われたわけでもないし、なんでそこまで反応するかって・・・。


 ”あら、うれしい”って単純に喜んでおけばいいのにって自分でもわかってるんですけどね。

 
  思うに、若い頃にそういう褒め言葉を十分に浴びせられていないから、自分の心のポケットにそういう言葉を受け止められるレセプターがないんですね。


 うちの旦那さんは、西洋人だから、歯の浮くような褒め言葉を言うんですけど、


 ”本気で言っているとしたら、この人は耳だけじゃなくて、目も悪い??”


 って心配していたくらいです。


 昔は、今よりずっと体重もあって、太いというより、女性としては悲しい、”大きい女”だった私。その上、不細工とくれば・・・褒めて育てる派の母でさえもルックスに関しては褒めようがなかったのか、褒められた覚えもない。もちろんそれ以外の誰からも褒めてもらえたはずもなく、その上、所属する女子バスケ部が学校でも有名な美人揃いで・・・もうコンプレックスの塊でしたね。


 中学まではそれでも、勉強でカバーできるって信じていられたのだけれど、高校では、自分がそれほど賢くないことも分かってきちゃうし、男の子にとって勉強ができるかできないかっていうのは、きれいかブスかに比べてずっとプライオリティが低いことも分かってきたし・・・。


 電車で、誰かが笑ってると、自分の事笑ってるんだろうって思ったりして、まあ言ってみれば、”15,16,17と私の人生暗かった”(By「圭子の夢は夜開く」♪ 古い?!)訳ですよ。


 だから、今でも、体重が危険なラインを越えそうになると、頭では認識していないのに、体が当時の暗い感情をよみがえらせてしまうのか、胃がきゅーんとしてしまう。



 とにかく、ブスについては努力もしていないので、今更どうしようもないけど(本当はどうしようもあるんでしょうけど、それはとりあえずいいとして・・・いいのか!?)、体重だけは昔に戻りたくない。


 最近では、顔のふっくらが、重力でげっそりしてきたこともあり、ダイエットしてるっていうと、”Yeastcakeさん太ってないじゃないですか”って言ってくれる人も多いんだけど、そんな言葉を真に受けて太ったら・・・というすごい恐怖心があるんですよねぇ。


 野菜でも音楽聞かせたらよく実がつくとかいうし、ブスにこそ褒め言葉が必要なんでしょうけど、それにも期限があるってことでしょうね。


 そんな、私の”意外にも?”暗い青春時代の思い出でした。(でもね、乗り越えたつもりでも、結構引きずってるものだなぁって、今日、旦那さんと喧嘩して思い知らされちゃったので、長々かいてしまいました)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。